NEWS

[68] NPWの学校@SPAIN - 2016/02/17(Wed)  

NPWの持つコンセプト、手を動かす事で初めて掴める実感、その全てが伝えられと思います。

総勢25名。

まずは、大成功でした。

SCHOOL of NPW http://npw.strikingly.com



[67] fooクローズその後。 - 2015/01/21(Wed)  

fooをクローズしてもうすぐ一ヶ月経つ。

予想通りと言うか、なんと言うかほとんど喪失感みたいなものは感じない。

僕には店舗よりやりたいコトがある。
そう「NPWの学校」があるのだ。

以前にもここに書いたが、実店舗の必要性をこれまで何度も考えて考えて考え抜いてきた。
好む好まざる関係なく、ネットで買う人は年々増えている中で、結局最後まで店舗の必要性を自分の中で信じ切る事はできなかった。

じゃあ店舗は閉めるとして、デザインと通販を。とも思ったが、どうもなんだか自分の中でシックリこない。
そんな想いの中2014年8月「NPWをつくってみる」を開催したのを憶えている。
当初の不安を他所に結果は42名満席で大成功に終わり、双方に満足度がとても高かったコトが印象的な2日間だった。
この時、何か次のへの展開への一条の光を感じた僕はその場で曽田さんに「僕をNPWワークショップの講師に任命してください」と申し出たのだ。

そして、今がある。

今、やりたいことまっすぐやらせてもらっている事に感謝しながら今年は駆け抜けていきたいと思っている。

SCHOOL of NPW http://npw.strikingly.com



[66] SCHOOL of NPW -NPWの学校- 2015 ご予約受付中。 - 2014/11/14(Fri)  

2015年、開催決定しています。
ご予約お待ちしております。

http://npw.strikingly.com/



[65] カルロスのピタパンカーニバル - 2014/10/22(Wed)  

彼は冷たい水滴を纏ったビールのグラスを静かに置いてこう言った。
“釜にはロマンティックな時間があるんですよ”
三回目談路を大成功で終え、気分よくメンバーと打ち上げをした夜、その日カルロスが使用したピタパンの話をドリアンオーナー田村夫妻に投げかけた際返って来た言葉。
聞くと彼の言う「ロマンティックな時間」とは釜に火を入れパンを焼く為の温度になるまでの途中の時間のコト。
その時間に限り、あの柔らかでしなやかなピタパンが焼けるのだと言う。その時間僅か数分。
つまり通常ピタパンを作らなければ、使われる事の無い破棄されている時間。
そんな普段見向きもされ無い時間でしか出来ないピタパンを使用した秋の味覚満載企画、名付けて「カルロスのピタパンカーニバル」が10/25[土]かFOOを皮切りに開催される。
「ピタパンは売れない」なんて囁かれる昨今だが、いやいや僕たちの想像力1つでいくらでも豊かに膨れ上がる可能性を秘めているのはすでに談路が証明済みだ。
カルロスが何を挟むか?
胸の高鳴りを感じながらその日を待つとしよう。
TACHI-BAR ふるもと ひろし
------------------
カルロスのピタパンカーニバル
ピタパン提供 : ドリアン

10/25(SAT) 11:30〜 *売り切れ次第終了

TACHI-BARもちょっとビール出しますね〜


EVENT FB https://www.facebook.com/events/792516010787189/

カルロス在籍のSUnDAYS
SUnDASY http://sundays.strikingly.com/
SUnDAYS FB https://www.facebook.com/sundayspage?ref=hl#



[64] SCHOOL of NPW -NPWの学校- - 2014/10/02(Thu)  

SCHOOL of NPW -NPWの学校-

開校しました!

http://npw.strikingly.com/



[63] 浅酌なる夜 - 2014/09/17(Wed)  

浅酌なる夜

TACHI-BAR X kantyukyo終了

季節の材の魅力を丁寧に引き出した皿皿と、日本酒を含めた飲み物。

連日多くの方で賑わい、僕たちのもいつものの時とはまた一味違う大人に賑わいを心の底から楽しめました。

ご来店頂いた皆様、ありがとうございました!!!

またいつの日か。

------
浅酌スピンオフ企画

『浅酌料理教室』@foo  講師 : 横田吉加 kantyukyo

大決定!!!

美味しかったあのメニュー4種が面白く学べます!!!

詳細は近日発表致します。



[62] そして完成 - 2014/09/03(Wed)  

そうやって出来たバッグは作業もよどみなく進み、当然気持ち良いモノとなる。


[管理用]